ビルトインコンロを長く使うには汚れ防止策が不可欠!役立つアイテムは?

システムキッチンなどに設置されているビルトインコンロは、スマートな見た目や使いやすさが魅力になっています。

ビルトインコンロをできるだけ長く使うには、日頃から汚れを防ぐ対策を講じておくことが大切です。市販されているアイテムを上手に利用すれば、汚れを最小限に抑えられる可能性があります。

今回は、ビルトインコンロの汚れ防止に役立つアイテムを紹介していきます。

ビルトインコンロの汚れやすい部分

毎日の調理に使用するガスコンロは、使用中に汚れやすいのが難点です。ビルトインコンロの場合も、長年使っているとさまざまな場所に汚れがたまってきます。食品や油分などが付着しやすいのが、ごとくやトッププレート、バーナーリングの部分です。

このような部分は、鍋が吹きこぼれたり、揚げ物の際に油が飛び散ったりすると、一気に汚れてしまうことがあります。バーナーキャップの部分まで汚れてしまった場合は、引火の恐れがあるため使用するうえでも少し注意が必要になってくるでしょう。

グリルの排気口なども、ほこりや油汚れがつきやすい部分です。油汚れは冷えると固まる性質があるため、時間がたつほど落としにくくなります。油などの食品は、カビの発生も促します。衛生管理をするうえでも、汚れやすい部分はできるだけ汚れがつきにくい工夫をしておくのが賢明です。

トッププレートの汚れは専用のマットで防げる

トッププレートの部分は、さまざまな汚れがつきやすい場所です。この部分の汚れを防いでくれるのが、市販されている専用のマットです。ガスコンロ用として販売されているマットには、トッププレートを覆う一体型のタイプや、コンロの周りにそれぞれ設置する分割型のタイプがあります。

いずれのタイプも、汚れやすい部分を覆うことで本体に汚れがつかないようにするのが1つの目的です。一体型のタイプは、トッププレートの大きさに合うようにデザインされており、コンロのタイプに合わせてサイズを選ぶことが可能です。

分割型のタイプは、1つ1つのコンロの周りにシートを取り付けられるようになっています。一体型のタイプは装着が簡単にできるなどのメリットがありますが、このタイプは一部分が汚れたときにもシートごと取り換えなければなりません。

一方、分割型のタイプは、汚れた部分だけを交換できます。このようなマットの素材にはアルミニウムはくなどが使われていることが多く、使い捨てが一般的です。

汁受け皿がないコンロに便利なバーナーリング用のマット

ビルトインコンロの汚れを防止するマットには、バーナーリングの部分に装着するタイプもあります。このタイプは、バーナーリングの部分だけを覆うデザインになっており、装着するときにも手間がかかりません。コンパクトなこのマットの場合、装着してもコンロがすっきりと見えるのがメリットになっています。

ピンクなどのパステルカラーや花柄のデザインを取り入れたマットもあるため、キッチンのインテリアアイテムとしても活躍してくれます。汁受け皿がないコンロは、バーナーリングの部分が汚れやすいのが常。バーナーリングのすきまからコンロの内部に汚れが入り込むと、掃除をするときにも少し大掛かりな作業が必要です。

バーナーリング用のマットも、素材にはアルミニウムはくや不燃紙などが使われています。ガラス繊維を使用した商品などは、洗って繰り返し使えることもあります。

ほこりや油汚れを防ぐ排気口カバー

コンロの奥側にある排気口の汚れを防いでくれるのが、排気口カバーです。グリルを頻繁に使用する家庭では、このような排気口の部分に油汚れなどがつきやすくなります。また、排気口はすきまから空気中のほこりや食品などが入り込むことも多く、放置しておくと内部まで汚れてしまうのが厄介なところです。

市販されている排気口カバーは、空気の通り道を確保しながら、ほこりなどが外部から入り込まないようなデザインになっています。市販の排気口カバーには、アルミニウムはくなどを使用した使い捨てタイプから、スチール製のラック型のタイプまでいろいろな商品があります。

いずれのタイプも、排気口の部分に装着するだけで簡単に使用が可能です。ちなみに、使い捨てタイプはラック型のタイプよりも安く手に入るケースが多いです。

コンロの縁の汚れを予防するフレームカバー

トッププレートとコンロ台の間には、小さなすきまがあいています。こういったすきまの汚れ防止に役立つのが、フレームカバーです。このアイテムは細長いテープ型の形をしており、トッププレートと設置場所のすきまをふさいでくれるのが特徴です。

フレームカバーの素材には、アクリル系エラストマーなどが使われています。フレームカバーは、すきまの部分に軽く押し入れるようにして装着します。好きな長さにカットして使用できる商品も多く、汚れを防止したい場所に取りつけやすいです。

細かいごみを取り除くときに便利な、スクレーパーがついた商品もあります。

ガス管を汚れや衝撃から守るゴム管カバー

ガス管を汚れや衝撃からガードしてくれるゴム管カバーも、ビルトインコンロの汚れ防止に役立つアイテムです。ビルトインコンロの場合、ガスを供給するゴム管は、外から見えないキャビネットのなかなどに設置されていることが多いですよね。

このような場合、むき出しの状態よりはほこりなどの汚れがつきにくいと言えます。ただ、キャビネットのなかに鍋や調理器具をしまっているときは要注意。揚げ物などに使った鍋をよく洗わないまま収納していると、ガス管にも汚れが付着することがあります。

市販されているゴム管カバーは、ジャバラ型のデザインなどが取り入れられており、管の隅々までしっかりとカバーできるような形になっています。

特定のアイテムだけを交換してもらうことも可能

ビルトインコンロの汚れやダメージが気になる場合、「コンロごと交換しなければならない」と思っている人も多いかもしれませんね。ビルトインコンロはキッチンに作りつけのデザインになっているため、特定のアイテムだけを交換するのは難しいイメージがあります。

ただ、このようなコンロの場合も、製品によってはアイテムの交換が可能です。トッププレートだけ、またはごとくだけを取り換えることもできるため、必ずしもコンロ本体を交換する必要はありません。ただ、ビルトインコンロは、アイテムを交換する際にも専門の業者に作業を依頼しなければなりません。

交換に対応してくれる業者を探すのが、長くコンロを使用するための1つのアプローチになるでしょう。

関連:ビルトインコンロの交換時期っていつ?注意すべきポイントや対処方法も紹介します!